ますだの落花生TOPへ
商品 お買い物はこちら
八街の落花生
天日干し
栄養
落花生料理
落花生のお話
店舗情報

 ■ご注文の仕方
  ・お支払方法
  ・送料と返品
  ・個人情報
 ■お問い合わせ
 ■アンケート
 ■リンク

ピーちゃん

八街市推奨
八街市優良特産
落花生推奨店

クロネコWEBコレクト>
 

栄養

落花生の栄養

・普通に食べても栄養満点!
 落花生100g中には、豆腐2丁に相当するたんぱく質が含まれており、ほうれん草85gに相当する鉄分が含まれ、他にもマグネシウム、ビタミンE、オレイン酸などの栄養素が豊富に含まれているのです。

落花生の栄養成分(いりさや)
エネルギー 589.0kcal 無機質
水分 2.1g ナトリウム 2mg
たんぱく質 26.5g カリウム 770mg
脂質 49.4g カルシウム 50mg
炭水化物 19.6g マグネシウム 200mg
灰分 2.4g リン 390mg
ビタミン
ビタミンD 0mcg 亜鉛 1.7mg
ビタミンE 11.4mg 3.0mg
ビタミンK 0mcg マンガン 0.69mg
ビタミンB1 0.23mg 脂肪酸
ビタミンB2 0.1mg 飽和 9.04g
ビタミンB6 0.46mg 一価不飽和 23.96g
ビタミンB12 0.0mcg 多価不飽和 15.12g
カロテン 7mcg
ナイアシン 17mg
葉酸 57mcg
パントテン酸 2.19mg
※100g当たりの栄養  五訂日本食品標準成分表 より

・渋皮にはポリフェノールがいっぱい
 落花生には、赤ワインで話題になったポリフェノールの一種のレスベラトールが含まれていて、特に渋皮にはこのレスベラトールが多く含まれております。

・ビタミンB!
 落花生の中には、ビタミンB群のナイアシンが豊富に含まれております。
 他の豆類でも群を抜いて豊富なのです。
  枝豆(ゆで) →1mg
  カシューナッツ →0.9mg
  うぐいす豆  →0.3mg

・リン脂質→レシチン!
 落花生の脂の中にはリン脂質が多く含まれており、その中に含まれているレシチンが多く含まれております。このレシチンは神経伝達物質アセチルアコリンの原料となる物質です。

・落花生の殻だって!!
シックハウス症候群の主な原因であるホルムアルデヒドを吸収するのに、ピーナツの殻が役立つことが、青柳象平・千葉大教授と国立医薬品食品衛生研究所の研究でわかりました。
 シックハウス症候群は、壁紙用接着剤や塗料に使われるホルムアルデヒドなどの化学物質が原因といわれ、頭痛や吐き気といった症状が出ます。青柳教授らは、十リットルの入れ物にホルムアルデヒドと、さまざまな大きさに砕いた殻を入れて約四時間後の濃度変化を測定しました。
落花生の殻
その結果、単に手で砕いたピーナツ殻でも
約80%のホルムアルデヒドが吸収されました。
細かくするほど効率が良く、ミキサーで砕いたものは約90%まで取り除けたそうです。
(読売新聞より)
砕いた落花生の殻
トップページへ