ますだの落花生TOPへ
商品 お買い物はこちら
八街の落花生
天日干し
栄養
落花生料理
落花生のお話
店舗情報

 ■ご注文の仕方
  ・お支払方法
  ・送料と返品
  ・個人情報
 ■お問い合わせ
 ■アンケート
 ■リンク

ピーちゃん

八街市推奨
八街市優良特産
落花生推奨店

クロネコWEBコレクト
 

八街の落花生

八街の落花生

落花生の原産地は、南アメリカのアンデス山脈のふもとだといわれています。
日本に伝わったのは、江戸時代(1706年)に中国からでしたが、栽培はされませんでした。沖縄(琉球王国)では、ジーマミ(地豆)といって古くから栽培されていたらしいとされています。
一般に栽培されるようになったのは明治に入ってからです。
野ぼっち
明治7年に内務省がアメリカから大粒種を輸入して各地に配布し、政府の積極的な品種改良によって次第に普及するようになりました。

千葉県での栽培は、明治9年に山武郡南郷村(現在の成東町)で、神奈川県三浦郡中里村から種種を購入して試作したのがはじまりとされています。落花生の主な産地は、千葉・茨城・神奈川・鹿児島・栃木・静岡・宮崎・熊本の各県で、主産地八県と称しています。その中でも千葉県は、作付面積で約7,400ヘクタール(平成13年産)で、全国の約76パーセントを生産し全国シェアの約7割を占めています。


脱穀


トップページへ